タイトル

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop66

【ゲーム】【傑作ゲーム探訪】ときめきメモリアル


1: フッ化水素酸φ ★ 2013/06/15 11:54:50

但し、一般的には、1995年に発売されたプレイステーション版『ときめきメモリアル forever with you』によって人気に
火がついたとされています。1994年に光栄が発売した女の子向けスーパーファミコンソフト『アンジェリーク』と共に、
恋愛ゲームの代表作として語り継がれています。

さて、まずはゲームのおおまかなストーリーから。このゲームは、ヒロイン・藤崎詩織と隣同士の家に住む幼馴染みである主人公
が、藤崎に好意を寄せており、そのため、頭の良い藤崎と同じ高校に頑張って入学するところから始まります。しかし、主人公は
藤崎に相手にされないので、気に入られようと努力するのです。そして、卒業時までの主人公の高校生活を描くというのが、
このゲームの粗筋です。因みに主人公の顔は画面には映りません。これは、『ドラゴンクエスト』シリーズの主人公が喋らないの
と同じ理由だと考えられます。

では次にシステムを説明します。重要な点は主に2つ。

(1)パラメータ・・・画面の上方には、体調、文系、理系、芸術、運動、雑学、容姿、根性、ストレスという9つのパラメータが
表示されています。文系の勉強をすれば文系のパラメータが上がり、運動なり体育会系の部活動をすれば運動のパラメータが
上がります。そうやってパラメータを高めて、藤崎に気に入られようとする訳です。但し、たまに休息をとらないと、体調の
パラメータが低下すると共にストレスのパラメータが上昇して病気になったりするので、注意が必要です。更に、どれか
パラメータを上げると、同時に他のパラメータが下がってしまうので、その点も注意が必要です。

(2)好感度・・・このゲームには藤崎以外にも沢山の女の子が登場するのですが、主人公に対する女の子の好感度もにこちゃん
マークのようなもので表されています。このマークが表す好感度が上昇すると、女の子は主人公に友好的になるのです。
藤崎の場合、初めのうちは常に露骨に不機嫌そうな表情をしており、プレイヤーとしてもあまり良い気分ではありませんが、
好感度が上昇するとにこやかな表情となって、こっちも嬉しい。しかし、好感度を表すマークにも、恐ろしい悪夢のような要素が
あります。それは、にこちゃんマークのようなものの上に重なって登場する爆弾マークです。このマークは、女の子とデートを
する間隔が空くと現れるもので、爆弾マークが現れてもなお、その女の子とデートをせずに放置すると、主人公がその女の子を
傷つけたという噂が広まり、何と全ての女の子の好感度が低下してしまうのです。何と恐ろしいことでありましょう。

という訳で、以上の2つの点がこのゲームのシステムの要諦ですが、好感度のところで述べたように、このゲームは、登場する
女の子全員と頻繁にデートをしないとクリアできない(正確に言うと、隠しキャラがいる関係でちょっと違いますが)システムに
なっています。いわば、(友達関係ではあるものの)浮気をしないとクリアできない訳です。この点について、書籍『別冊宝島
 僕たちが好きなTVゲーム 90年懐かしゲーム編』も、書籍『90’sゲーム魂』も、登場する女の子の人数を抑えるために
パラメータを調整すべきである(詳しくは後述)という、同じことを言っています。これに対し、いつぞやの新聞記事によれば、
某女性向け恋愛ゲームソフトの女性スタッフは、『ときメモ』の主人公が複数の女の子とデートする点に、(はっきりとは
述べていないものの)違和感を持っていたようです。まあ、そりゃそうだ。ではなぜ、コナミはそういうシステムにしたので
しょうか?

(2以降に続く)

http://otakei.otakuma.net/wp/wp-content/uploads/2013/06/472c5f34e1736c36435e20757eab1780.jpg
http://snn.getnews.jp/archives/100593



2: フッ化水素酸φ ★ 2013/06/15 11:57:42

これは筆者の推測ですが、理由は2つあると思われます。
1つは、難易度を上昇させるためです。主人公の本命である藤崎に気に入られるためには、体調、ストレス以外の全ての
パラメータを高くし、且つ、藤崎の好感度を表すマークを最大にする為に藤崎とデート等をする必要がある訳ですが、前述のように
、どれかパラメータを上げると他のパラメータが下がる上に、休息もとらなければなりません。これに加えて、登場する女の
子全員と頻繁にデートをしなければならないのです。
実は、本作に登場する多くの女の子は、主人公のパラメータによって登場するか否かが決まります。例えば、何年生の時点でどの
能力値が幾つを超えたら誰が登場する、といった具合です。ということは、藤崎に気に入られようとする場合、登場する女の子の
数が沢山になる、ということです。そういう訳だから、先の2冊の本が指摘したパラメータを調節するというのは、藤崎を目当て
にした場合は極めて重要です。纏めると、登場する女の子全員とデートしなければならないシステムは、藤崎に気に入られることを
目指すプレイヤーの足枷になるものであり、藤崎に気に入られることの難易度を上昇させるものとなっています。同時に、この点に
『ときメモ』の本質の一点が表れています。と言うのは、このゲームは、プレイヤーとシステムが戦うゲームであり、藤崎は、
RPGで言うところのラスボスと同じ地位にいる、と言うことが出来るのです。このようなシステムが目の前に立ちはだかれば、
それを打倒してやろうと考えるのがゲーマーというものです。ゲーマーがRPGでラスボスを倒そうとするのと、『ときメモ』で
藤崎を攻略しようとするのは、まあ或る意味では同じ行為と言えるんじゃないでしょうかね。

もう1つの理由は、エンディングを多様なものにするためでしょう。本作のエンディングは、女の子が主人公に告白するというもの
(誰からも相手にされないこともある)ですが、もしプレイヤーが特定の女の子とだけ親しくすると、その女の子のエンディング
しか出現し得ないので、作り手はそれを回避したかったのではないでしょうか。場合によっては館林見晴という隠しキャラがエンディングに
於いて主人公に告白するのも、エンディングを多様なものにしようとするが故でしょう。

ところで話は変わりますが、コナミは、プレイヤーの心を動かすために、2つの要素を用意していました。

1つは、あだ名の存在です。ゲーム開始時、プレイヤーは主人公の氏名、誕生日、血液型を入力するのですが、その他にあだ名も
入力します。そして、主人公に対して誰か女の子の好感度が高まると、その女の子は主人公をあだ名で呼ぶようになるのです。
流石はコナミ。プレイヤーは○○君と呼ばれても嬉しくないが、あだ名で呼ばれると嬉しいことをよくご存知でいらっしゃる。


3: フッ化水素酸φ ★ 2013/06/15 11:58:06

もう1つは、キャラクターの設定です。こちらの点こそが重要です。ヒロインの藤崎は勉強の成績も優秀、スポーツも万能なので、
逆説的ではあるが何の個性もない人物です。それに対して、その他の女の子は、色々と個性を持っています。まさにこの点にコナミの
作戦があったと言えるでしょう。例えば、或る女の子は1枚の絵画を2時間も見つめているような絵画好き、また或る女の子は図書館に
入り浸る読書好き、別の女の子は勉強嫌いの遊び人、更にまた別の女の子はジャンク屋で目の色を変えて部品を買い漁る、といった具合です。
中には、アニメ好きで、遊園地で特撮ヒーローショーを見てはしゃぎ、特撮ヒーローの変身セットをプレゼントすると喜ぶ女の子まで
登場します。そんな女子高生いるわきゃねぇだろ!と突っ込みたくもなりますが、これはコナミの作戦です。プレイヤーが自分と気の合いそうな
女の子を見つけるために、色々な女の子を用意したのでしょう。この2つは、プレイヤーの心を動かすのに効果的でした。ただ、エンディングで
女の子がカメラ目線で主人公に告白するのは露骨過ぎましたな。

最後に、『ときめきメモリアル』というゲームの根幹をなす、最も中心にある要素とは何だったのか、指摘しておきたいと思います、
エンディングで誰からも告白されなかった場合、主人公が、高校三年間に何もしなかった、高校生活をやり直したい、と嘆く場面が
あります。幾ら何でも高校三年間に何もしなかったということはあり得ませんが、主人公のこの台詞に本作の本質が表れています。
本作は、高校三年間を描くゲームですから、部活動、テスト、体育祭、学園祭、修学旅行の場面が登場します。例えば、筆者の場合、
主人公を野球部に所属させ、甲子園の高校野球大会で優勝して、主人公が高校卒業後にプロ野球選手になったこともあります。
つまり、『ときめきメモリアル』は、高校生活をやり直したいという嘆きに応える、高校生活シュミレーションゲームだったと言える
のではないでしょうか。


17: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:10) 2013/06/15 12:44:21 ID:TQM3wz0M

>>3
せっかく良い文章なのに最後の部分が残念だな…
「高校生活シュミレーションゲーム」
シュミレーションじゃなくてシミュレーションが正解だ


4: なまえないよぉ~ 2013/06/15 12:00:06 ID:6LEyPqsZ

スマホで出さないの?


5: なまえないよぉ~ 2013/06/15 12:02:41 ID:wLLGeFJv

やはりアイドルは高嶺の花でいいわ


12: なまえないよぉ~ 2013/06/15 12:15:16 ID:dpse7Hbc

>>5
高嶺愛花ちゃんがどうした


6: なまえないよぉ~ 2013/06/15 12:04:07 ID:CmMMfPoA

同級生だろjk


20: なまえないよぉ~ 2013/06/15 12:51:08 ID:gZGEFOVH

>>6
3マダー?


7: なまえないよぉ~ 2013/06/15 12:07:00 ID:zZBpAnVs

エロトピアか・・・


8: なまえないよぉ~ 2013/06/15 12:09:09 ID:eq+8fzMy

(バッチリ、良い印象与えたみたいだぞ!)


9: なまえないよぉ~ 2013/06/15 12:11:12 ID:DvYAnPji

キャラデザがエロ同人描いてクビになったんだっけ?


10: なまえないよぉ~ 2013/06/15 12:13:59 ID:10Y/31ql

これってプリンセスメーカー参考にしてるよね


14: なまえないよぉ~ 2013/06/15 12:29:00 ID:A5sZ651v

>>10
当時一番言われてたのが、18禁のエルフの「同級生」との関連。「ピンクの髪の、高嶺の花の容姿端麗、文武両道のお嬢様」を最高難易度ヒロインに、様々なタイプの女を攻略するのは、コナミがかなり同級生を研究したんじゃないかと指摘されてた。
ちなみにエルフは同級生にときメモ要素を逆にフィードバックして「下級生」シリーズを作った。


11: なまえないよぉ~ 2013/06/15 12:14:50 ID:AvNnIwuD

まさに爆弾処理ゲーム


23: なまえないよぉ~ 2013/06/15 13:06:16 ID:4z3sAjwE

ときメモが発売されていた頃は・・・あゆみちゃん物語の方が面白かったな

>>11
ボンバーマンシリーズ?


15: なまえないよぉ~ 2013/06/15 12:30:58 ID:uV+uyq5x

俺はセガサターン版だったな

サイドストーリーみたいなのもやってた
秋穂みのりタソハァハァ


16: なまえないよぉ~ 2013/06/15 12:32:40 ID:zAO2q1aB

卒業シリーズも良かった


18: なまえないよぉ~ 2013/06/15 12:44:47 ID:gp1Pw3lJ

なんで! ちょっと話しただけでデートに誘えるんだよ!

デートに誘うって… 告白より難易度高くね!?


21: なまえないよぉ~ 2013/06/15 12:58:38 ID:Vo6dTSNT

ときメモが一番偉いところは、エロゲを一般化してギャルゲと言うジャンルを切り拓いたこと


22: なまえないよぉ~ 2013/06/15 12:59:00 ID:Ay+jDMvs

崩壊寸前のコナミのヤケッパチの作品
まさかの大ヒット

苦行ゲー


24: なまえないよぉ~ 2013/06/15 13:07:08 ID:j9O7ewC7

ギャルゲーにはまった初めての作品でした


スレッドURL: http://anago.2ch.net/test/read.cgi/moeplus/1371264890/
関連記事
スポンサーサイト

tag : ゲーム ときめも

2013-06-16 : 考察・感想-ゲーム : コメント : 0 : : 0
Pagetop66
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

お知らせ

記事紹介していただきました!! ごはんはおかずだよ

ライダー投票!(結果は記事として発表。気軽にお願いします0w0))

カテゴリー

RSS

Follow me  このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事

kcタグクラウドV1.3

快楽天(#1)仮面ライダー(#128)サイレン(#2)世紀末リーダー伝たけし(#1)夢のクレヨン王国(#1)ドラゴンクエスト(#15)鋼の錬金術師(#2)児ポ法(#1)アニくじ(#1)ビックリマン(#1)キン肉マン(#4)フェイト(#1)パワプロ(#12)トラウマ(#4)リジット(#1)テラフォーマーズ(#13)恋愛ラボ(#2)ライジング(#1)まどか☆マギカ(#14)歌い手(#2)Grand(#1)ブレイブストーリー(#1)ウイイレ(#1)ゾイド(#1)アイシールド21(#1)メテオ(#1)Auto(#1)龍騎(#2)GOSICK(#1)ガールズ&パンツァー(#4)メタルギアソリッド(#3)ゆゆ式(#9)ボーボボ(#1)サイコパス(#2)アニメ化(#5)ニードレス(#1)ラノベ(#51)電波女と青春男(#1)女神転生(#3)レビュー・批判(#6)マブラヴ(#9)ARMS(#2)マリオカート(#1)アニゲ総合(#8)らきすた(#1)SAO(#2)ぬ~べ~(#3)スパロボ(#7)キャラその他(#6)グッズ(#2)ヴァルヴレイヴ(#15)ネプテューヌ(#2)ゆるゆり(#4)エロゲ(#1)ハム太郎(#7)そらのおとしもの(#3)ブリーチ(#14)性癖(#13)テイルズ(#2)仮面ライダー剣(#1)海外でのアニゲ状況(#1)Theft(#1)コナン(#12)とある(#9)ブラザーズコンフリクト(#1)ウィザード(#5)マジコン(#1)社会(#30)月姫(#1)映画化(#1)実写化(#7)レビュー・批判-アニメ(#10)漫画その他(#1)動物の森(#1)けいおん(#3)ダーククロニクル(#1)グリーングリーン(#1)原発(#1)レビュー・批判-特撮(#2)ようせい(#1)クトゥルフ神話(#1)ディケイド(#1)キルミーベイベー(#6)画像(#45)ボーカロイド(#2)パチスロ(#1)琴浦さん(#1)いっき(#1)クリムゾン(#2)ニコ動(#1)弁当(#1)怪物王女(#1)モンスターハンター(#6)プリズマ☆イリヤ(#1)シュタインズ・ゲート(#1)延期(#1)人狼(#1)ポケモン(#61)ブラック(#1)おもしろ(#1)マリオ(#4)たまこマーケット(#2)逮捕(#1)ガルガンティア(#26)デジモン(#8)アラレちゃん(#1)ふたなり(#3)エイミー(#1)悪魔城ドラキュラ(#2)悪魔のリドル(#1)ドラクエ(#6)俺妹(#10)ニュース(#307)スクールデイズ(#2)攻殻機動隊(#1)レールガン(#8)北斗の拳(#7)ジョジョ(#34)画像-アニメ(#2)忍者(#1)ボカロ(#4)ハヤテのごとく(#1)ニャル子(#13)エヴァンゲリオン(#19)フィギュア(#24)ロリコン(#3)絶望先生(#1)バキ(#21)うる星やつら(#1)映画(#2)十二国記(#2)同人漫画(#1)規制(#2)変態王子と笑わない猫(#1)DarkerthanBlack(#4)僕は友達が少ない(#7)ビビッドレッドオペレーション(#2)考察(#1)上坂すみれ(#1)ダークソウル(#3)GANTZ(#5)ファミ通(#2)強さ議論(#1)アザゼルさん(#3)刀語(#1)ハルヒ(#5)K(#1)IS(#2)直球表題ロボットアニメ(#1)トータルイクリプス(#1)NARUTO(#3)アトラス(#2)プリキュア(#1)Free(#1)金色のガッシュベル(#3)パワポケ(#1)グリー(#1)エグゼ(#3)ヤンデレ(#1)ロウきゅーぶ(#3)ちはやふる(#1)屍鬼(#1)ひだまりスケッチ(#1)HUNTER×HUNTER(#1)ヴァルヴレイブ(#2)スカーフェイス(#1)仮面ライダーカブト(#1)コードギアス(#3)安価絵(#1)ゆるキャラ(#1)ありがちなこと(#2)ばくおん(#1)ラブライブ(#9)ガルパン(#4)寄生獣(#2)ブラックラグーン(#3)封神演義(#2)金田一少年の事件簿(#1)ガンダム(#14)ドラッグオンドラグーン(#5)レイズナー(#1)ペルソナ(#3)鬼畜王ランス(#1)ミニ四駆(#2)ライトニング(#2)咲(#1)ケモナー(#2)中二病でも恋がしたい(#2)サシャ・ブラウス(#1)機動戦艦ナデシコ(#2)とある系(#8)クロックタワー(#1)ひぐらしのなく頃に(#3)キャラ(#3)東方(#11)銀の匙(#1)パズドラ(#16)セーラームーン(#1)声優(#35)作画(#1)萌え絵(#1)ニャル子さん(#2)二期(#1)レビュー(#1)小説(#2)麻生(#1)ビビットレッドオペレーション(#1)初音ミク(#5)サイレントヒル(#8)たまごっち(#1)キン肉マン2世(#1)アイマス(#2)コスプレ(#3)あの花(#3)ゲームその他(#6)化物語(#2)感想・批判-アニメ(#1)批判(#1)ToLOVEる(#1)カラオケ(#1)史上最強の弟子ケンイチ(#1)スクライド(#1)竜騎士(#1)ファミコン(#1)イベント(#3)漫画(#305)ガンツ(#3)ファイナルファンタジー(#23)レビュー・考察(#25)ネタ(#216)未来日記(#2)お知らせ(#1)ゲーム脳(#1)アンパンマン(#3)ライトニングさん(#2)スマブラ(#1)ワンピース(#9)リョナ(#4)その他(#23)ローゼンメイデン(#15)遊戯王(#4)涼宮ハルヒの憂鬱(#1)ドラえもん(#2)ヴァルヴレイプ(#5)アニソン(#2)ひぐらし(#1)バイオハザード(#11)アニメ(#597)サザエさん(#3)アニメその他(#13)ネタバレ(#4)シェルノサージュ(#1)ゲームセンターCX(#1)強さランキング(#8)トリコ(#4)田村ゆかり(#1)ミカサ(#1)マヴラブ(#2)三国志(#2)働く魔王さま(#2)ネトゲ(#2)ゲームレビュー(#1)銀魂(#3)矢口真里(#1)みなみけ(#4)考察・感想(#531)佐川急便(#1)クソゲー(#3)ろくでなしブルース(#1)花山薫(#1)XY(#1)ランキング(#2)割れ(#1)ラジアータストーリーズ(#1)ソーシャルゲーム(#1)ドラゴンボール(#10)悲報(#3)レッドデータガール(#1)ジブリ(#11)やはり俺の青春ラブコメは間違っている(#1)トレント(#1)グランドセフトオート(#1)おおかみかくし(#1)うみねこのなく頃に(#3)信長の野望(#2)俺の妹がこんなに可愛いわけがない(#2)デジモンアドベンチャー(#1)進撃の巨人(#156)らき☆すた(#3)クウガ(#6)ベルセルク(#4)メダロット(#4)イヴの時間(#1)はだしのゲン(#1)悪の華(#6)釘宮理恵(#1)タイガーマスク(#1)黒執事(#1)村上春樹(#1)特撮(#80)夏目友人帳(#2)ゲーム(#460)田中理恵(#2)ゴーストリコン(#1)腐女子(#4)Fate(#4)ジエイのお仕事(#1)フリゲ(#2)デスノート(#1)ぎんぎつね(#1)ありがち(#5)原作(#1)メタルマックス(#3)中国(#2)ガールズフレンド(仮)(#2)ストリートファイター(#1)ヒャダイン(#2)アイドルマスター(#5)ダンガンロンパ(#27)ときめも(#1)学校の怪談(#1)てーきゅう(#3)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセス解析

ネイティブアプリケーション

人気ランキング

他サイト様

アクセスランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。