タイトル

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop66

【話題】不仲? 仲良し? 宮崎駿と庵野秀明の“微妙な関係”

http://blog-imgs-61.fc2.com/k/y/a/kyarasokuhou/nnnnbbbbbvvvvccxszd.jpg
1: yomiφ ★ 2013/07/11 00:56:43

 宮崎駿監督の最新作『風立ちぬ』が、ついに今月20日に公開される。前作『崖の上のポニョ』から
約5年振りの新作ということもあり、注目度は抜群。さらに主人公の声をアニメーション監督の
庵野秀明が務めていることも大きな話題となっている。

 庵野といえば、宮崎の『風の谷のナウシカ』で巨神兵のシーンを担当したことは有名な話。
だが、これまで折に触れて互いの作品を批判する発言を行ってきたこともあり、アニメファンの
あいだでは「じつは仲が悪いのでは?」と噂されてきたことも。
先日の『風立ちぬ』完成報告会見でも、年上で大先輩の宮崎に対して
「72を超えてようやく20歳過ぎの映画がつくれた」「宮さん大人になったなと。地に足が着いた
映画ですよ」と庵野が“上から目線”で評するなど、その関係性はフシギなものだった。
そこで今回は、『風立ちぬ』が100倍面白くなる(!?)宮崎・庵野両氏の関係を、
過去の発言から探ってみたいと思う。


 まずは、ふたりの出会いとなる『風の谷のナウシカ』制作時のエピソードから。
1997年3月発行の『庵野秀明 パラノ・エヴァンゲリオン』(竹熊健太郎/太田出版)に掲載された
ロングインタビューによれば、庵野は「就職活動」として『ナウシカ』のアニメーター募集に応募し、
宮崎に直接面接を受けることになったそう。庵野が持参した自主制作アニメのビデオと原画を
見た宮崎は、庵野を採用。しかし、後に現場で「人間、あまり得意じゃないね」「人間ヘタだね」
とダメ出しをくらい続け、ついには「この未熟者め!」と言われたという。
 また、宮崎に修正された箇所が“ダサくなってる”ときには「勝手に動画から自分で
描き直していたりしました」と庵野。「ド新人のくせに超ナマイキでしたね(笑)」と振り返っているが、
この態度がよかったようで「逆に親しくしてもらいました」と語っている。

 『パラノ・エヴァンゲリオン』で庵野は、宮崎のことを「僕の第二の師匠です」と名言している。
だが、この本の上巻にあたる『スキゾ・エヴァンゲリオン』(大泉実成/太田出版)では
一転したように、
「宮崎さんは…昔はよかったんですけれどね(笑)」
「一般向けのつまらない日本映画の仲間入りをしてしまいましたね。僕はもう物足りなさしか
残らないですけれど。『トトロ』は良かったですけれど、そのあとはつまらなくなった」
「僕の感覚だと、(宮崎は)パンツを脱いでいないんですよ」
「『もののけ姫』では期待している。いくら小さいとはいえ、やっぱりチンチンを立ててもらわないと」
と、徹底的に作品を批判。
ジブリの後継者問題にも触れ、「ジブリじゃ育ちません。育つ環境じゃないですから」
「僕を欲しいでしょうね。宮さんは(笑)」と新人時代から変わらない(?)ナマイキっぷりを発揮している。

 もちろん、宮崎も負けてはいない。同年7月、ふたりの因縁を具現化するように『もののけ姫』と
『THE END OF EVANGELION』が同時期に公開されるのだが、雑誌のインタビュー
(後に書籍『風の帰る場所―ナウシカから千尋までの軌跡』(宮崎 駿/ロッキング・オン)として発売)
で宮崎は「(テレビ版エヴァは)三分と観られないですね。観るに堪えないですね」と痛烈批判。
 さらに、同年に行われたふたりの対談(『宮崎駿と庵野秀明』(徳間書店)に収録)では、
「庵野の最大の取り柄は、正直に作ることだと思うんだよね」
「『エヴァンゲリオン』みたいな正直な映画を作って、何もないことを証明してしまったというぐらいにね」
と、褒めているようで褒めていない一言で目の前の庵野を追撃。
さすがは世界のハヤオミヤザキ、容赦なしだ。

>>2へつづく)
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130710-00002462-davinci-ent


2: yomiφ ★ 2013/07/11 00:57:23

しかし『風の帰る場所』では、エヴァの劇場版制作時に庵野から「本当にやりたくないんですよ」と
連絡があったことを明かし、「“逃げろ!”って言ったんですよ」と宮崎は語っている。
奇しくもエヴァの有名な台詞は「逃げちゃダメだ」であるが、3分しか観てないという宮崎は
この台詞を知っていたのか、それとも弟子の心中を見通していたのだろうか……。

 また、『鈴木敏夫のジブリ汗まみれ1』(復刊ドットコム)に収録されている、2009年12月に
行われたジブリの鈴木プロデューサーと庵野の対談では、鈴木が庵野に、
「宮さんのとこに、ぜひ来て下さい。宮さんが元気になるから。だって、庵野のこと好きだもんね、
宮さんは。今も、ほんとによく話すよ。“どうしてる?”って」
と話し、まるで実の父親のような“宮崎の庵野愛”を披露している。

 『もののけ姫』の公開時は宮崎を仮想敵として見ていた──そんな庵野の告白も本書では
飛び出しているが、ときに敵と捉えたり、作品を手厳しく批評し合っても、そこは師匠と弟子の関係。
つちかった信頼や敬意は失われないのだろう。

 ちなみに庵野が宮崎を“クリエイターとして好きになった”のは、『ナウシカ』の打ち上げで
「人間なんてねえ、滅びたっていいんだよ!」と言い放った瞬間だという。さて、そのココロとは……。

 『風立ちぬ』の公開が待ちきれない人はもちろん、ふたりの関係が気になった人は、
今回紹介した書籍で宮崎と庵野の軌跡を辿ってみてはいかがだろうか。

(了)


3: なまえないよぉ~ 2013/07/11 01:04:54 ID:ibaqwmKt

庵野がおだてや嘘がつけないタイプなだけだと思われ


4: なまえないよぉ~ 2013/07/11 02:05:03 ID:ShAhwz1T

パチ屋ののぼりの列を前にして
「これが全部エヴァだったら良いと思いませんか」
と言ったらしいが嘘かほんとか?

宮崎庵野って恋愛関係じゃないかな


5: なまえないよぉ~ 2013/07/11 02:05:29 ID:w5XLiRMQ

高畑とだって、容赦なく互いの作品を批判しあってるし


6: なまえないよぉ~ 2013/07/11 02:09:09 ID:Upu810yg

ナウシカの巨神兵パートを1回手伝っただけなのに
師匠と弟子なんて誇張もいいトコ

それぐらいで師弟とか言い出すと、
アニメーターはみんな師弟関係になっちゃうw

二人とも鈴木Pに言わされてるだけだろw


37: なまえないよぉ~ 2013/07/11 09:03:20 ID:PXJHBp8A

>>6
昔から庵野はアニメーターとしての師匠は板野一郎、監督としての師匠は宮崎駿と言ってる


40: なまえないよぉ~ 2013/07/11 09:59:19 ID:yR2kKNVP

>>6
でも、宮崎はド新人に原画なんてやらせないよ。
絶対動画からやらせる人。
それを曲げたんだから弟子にしたいと思ったんだろ。


7: なまえないよぉ~ 2013/07/11 02:20:36 ID:os7fiziX

はげしくどーでもいいはなし


8: なまえないよぉ~ 2013/07/11 03:07:44 ID:aXeQZ4MK

中学生んとき、クラスで街外れの丘に遠足にでかけた。眼下の城下町を眺めながら

「なあここからザクでバズーカ撃ったら気分いいだろうな」という話になった。べつにおたくにはなんなかったクラスメート。’82年はそういう時代。


9: なまえないよぉ~ 2013/07/11 03:10:18 ID:FBWQhR5j

この記事書いたライターからスゴくゆとり臭がする


10: なまえないよぉ~ 2013/07/11 03:11:27 ID:WRtcA09S

薄っぺらい人間関係しか作れないゆとりにこの二人の仲は理解できない


11: なまえないよぉ~ 2013/07/11 03:15:27 ID:KGnfH1GC

そもそも二人の関係の本当のところなんて、当の二人にしかわからないのに詮索するのはムダの極み。


12: なまえないよぉ~ 2013/07/11 03:16:55 ID:aXeQZ4MK

うん 耳をすませばが不快なのはそうなんだよな。あの男は思春期の男を誠実には描いて無いから。


14: なまえないよぉ~ 2013/07/11 03:25:11 ID:aXeQZ4MK

ぬけぬけと主人公にオナニーさせたほぼゆいいつのひとだからな。あまりーその後もないでそ。ごみ箱妊娠させる気ていどすらない。


15: なまえないよぉ~ 2013/07/11 03:27:28 ID:aXeQZ4MK

同様状態の嵐を30代女子が被るという話が最近常識んなって

これは戦慄ですよな。をれは いつまでもけーべつしせんのじょしのままで 居てほしいほう。


16: なまえないよぉ~ 2013/07/11 03:27:29 ID:B+4aBFQF

昔の宮崎アニメの男主人公は未熟なところがあり、それが共感できた
ところが最近のは男主人公が完璧超人で感情移入できない

風もきっとそうなんだろうな


17: なまえないよぉ~ 2013/07/11 03:30:20 ID:aXeQZ4MK

まあそうな

正義と悪の分水嶺を描き分けるのはそんなに簡単ではないからな。


18: なまえないよぉ~ 2013/07/11 03:34:40 ID:aXeQZ4MK

たとえば 複数の女子と関係を持った男の話になるとして

当然女子たちはそういう意識んなってたりなってなかったり そしてそのかやの外に居る男が居て

しとねで前者の男が後者をひどく侮辱し、女がそれにわらって同調する これが現実社会であり現実ハーレムだからだ。


19: なまえないよぉ~ 2013/07/11 03:38:13 ID:aXeQZ4MK

そして表では友情を確かめ合っちゃったりする。そういうごく普通の光景を、ひとは表現されるまで気づかない。


20: なまえないよぉ~ 2013/07/11 03:40:59 ID:aXeQZ4MK

冒頭の話は 13歳んときのほうが敏感だったということなんだろうな。をれはそう思う。


22: なまえないよぉ~ 2013/07/11 04:55:46 ID:u43kVeNA

同族嫌悪?

二人とも心に闇を抱えてるから

微妙な感じに成るんでしょ。


24: なまえないよぉ~ 2013/07/11 05:03:00 ID:CFMhUG0O

>(『宮崎駿と庵野秀明』(徳間書店)
これ持ってるわ
二人の共通点は戦争や兵器に対するちょっと病的な好奇心があるところでしょ
でも宮崎は戦争を否定してて庵野は願望があることを告白してる
風立ちぬの主人公を演じさせたのは
そうあって欲しいっていう宮崎の説教臭さじゃないかねぇ


25: なまえないよぉ~ 2013/07/11 05:08:33 ID:pEBXr5fw

宮崎なんかと関わるからエヴァンゲリオンQあんな駄作になったんだよな。


36: なまえないよぉ~ 2013/07/11 08:50:48 ID:TlKVK4GZ

ナディアでNHK版ラピュタの尻拭いやったりしてるから
巨神兵だけの繋がりとは言えん


38: なまえないよぉ~ 2013/07/11 09:09:42 ID:UwKEbZiM

褒めるべきは褒め、貶すべきは貶し、時には殴り合いの喧嘩をしても仲が壊れない
そんな関係を構築できないと、クリエイター同士の友情なんて成立しないっての

ひとつ否定されると相手の全てを否定したと受け止めるような精神性
が日本ではわりと横行してるけど、批評と人格を切り離して議論出来ない未熟な精神ってことさ


39: なまえないよぉ~ 2013/07/11 09:24:29 ID:Oo2Xv+Ic

このふたりをさらに上から目線で批判する押井のコメントまだー?


41: なまえないよぉ~ 2013/07/11 10:19:39 ID:1nz6oz07

押井守と宮崎駿も仲がいいんだかわるいんだか似たような感じらしい
仲良く話してると思ったら5分後には演出論で大喧嘩してるとか


42: なまえないよぉ~ 2013/07/11 10:37:54 ID:fVrsypYr

宮崎は「創作にはテーマや人生訓が必要だ」って思ってる人で、
庵野なんかは「創作がエンターティメントに徹して何が悪い」って思ってる人だ

押井は意外と商業色が強くてプロデューサー的な思考で創作してるから、
商業や興業的な成功を重視しないクリエイターとは意見が衝突したりする
演出論の派手さとは裏腹に押井は商業的な意味での成功も重視する
独立して自分でやるようになってからは特にな


23: なまえないよぉ~ 2013/07/11 05:02:52 ID:DjEEQHfj

互いに利用し合っている感じ


スレッドURL: http://anago.2ch.net/test/read.cgi/moeplus/1373471803/
関連記事
スポンサーサイト

tag : アニメ 考察・感想

2013-07-11 : 考察・感想-アニメ : コメント : 1 : : 0
Pagetop66
コメントの投稿
非公開コメント

No title
いや、昔から物凄く仲がいいだろう。
どれだけ公然と罵倒し合っても互いに切れないものがあるんだから。

特に庵野の場合、愛する作品の欠点を並べ立ててボロカスに言って、
「自分ならこうする」と妄想することが創作の原動力になってる。
愛情のないものにはそもそも言及しない。
2013-07-11 15:09 : URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

お知らせ

記事紹介していただきました!! ごはんはおかずだよ

ライダー投票!(結果は記事として発表。気軽にお願いします0w0))

カテゴリー

RSS

Follow me  このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事

kcタグクラウドV1.3

ドラッグオンドラグーン(#5)ビビットレッドオペレーション(#1)中国(#2)電波女と青春男(#1)ダークソウル(#3)ToLOVEる(#1)月姫(#1)フェイト(#1)トレント(#1)原発(#1)佐川急便(#1)田村ゆかり(#1)琴浦さん(#1)てーきゅう(#3)ばくおん(#1)黒執事(#1)ネタバレ(#4)村上春樹(#1)リジット(#1)サザエさん(#3)らきすた(#1)マブラヴ(#9)映画(#2)女神転生(#3)ボーボボ(#1)アラレちゃん(#1)ジョジョ(#34)ARMS(#2)アニソン(#2)感想・批判-アニメ(#1)鋼の錬金術師(#2)Grand(#1)レビュー・批判-特撮(#2)エグゼ(#3)動物の森(#1)レッドデータガール(#1)グリーングリーン(#1)性癖(#13)悲報(#3)マリオ(#4)ダーククロニクル(#1)レビュー・考察(#25)ラジアータストーリーズ(#1)作画(#1)強さランキング(#8)デスノート(#1)パズドラ(#16)安価絵(#1)レイズナー(#1)サイレントヒル(#8)僕は友達が少ない(#7)ガンツ(#3)エヴァンゲリオン(#19)ぬ~べ~(#3)ランキング(#2)東方(#11)絶望先生(#1)ネトゲ(#2)メタルマックス(#3)ビビッドレッドオペレーション(#2)世紀末リーダー伝たけし(#1)ビックリマン(#1)寄生獣(#2)弁当(#1)実写化(#7)刀語(#1)ときめも(#1)ディケイド(#1)XY(#1)ウイイレ(#1)ミニ四駆(#2)ゆるゆり(#4)腐女子(#4)化物語(#2)レールガン(#8)ゲーム(#460)バイオハザード(#11)ニードレス(#1)パワプロ(#12)社会(#30)ローゼンメイデン(#15)タイガーマスク(#1)ドラゴンボール(#10)ヒャダイン(#2)ブラックラグーン(#3)その他(#23)初音ミク(#5)クウガ(#6)ちはやふる(#1)ライトニング(#2)仮面ライダー剣(#1)アイシールド21(#1)ぎんぎつね(#1)ロリコン(#3)ストリートファイター(#1)ドラゴンクエスト(#15)ゆゆ式(#9)信長の野望(#2)強さ議論(#1)ありがちなこと(#2)スクールデイズ(#2)悪魔のリドル(#1)スクライド(#1)漫画その他(#1)キン肉マン(#4)怪物王女(#1)サイレン(#2)IS(#2)特撮(#80)まどか☆マギカ(#14)アニメ化(#5)銀魂(#3)二期(#1)クトゥルフ神話(#1)考察・感想(#531)鬼畜王ランス(#1)スパロボ(#7)キャラその他(#6)中二病でも恋がしたい(#2)シュタインズ・ゲート(#1)メタルギアソリッド(#3)ガールズ&パンツァー(#4)HUNTER×HUNTER(#1)ブラザーズコンフリクト(#1)ニュース(#307)お知らせ(#1)ありがち(#5)小説(#2)カラオケ(#1)サシャ・ブラウス(#1)咲(#1)ジブリ(#11)矢口真里(#1)原作(#1)画像-アニメ(#2)ダンガンロンパ(#27)働く魔王さま(#2)ニコ動(#1)フリゲ(#2)ヴァルヴレイブ(#2)モンスターハンター(#6)金田一少年の事件簿(#1)仮面ライダーカブト(#1)機動戦艦ナデシコ(#2)コードギアス(#3)封神演義(#2)ニャル子(#13)割れ(#1)あの花(#3)ハム太郎(#7)アニメその他(#13)トリコ(#4)エロゲ(#1)レビュー・批判-アニメ(#10)バキ(#21)忍者(#1)ヤンデレ(#1)漫画(#305)グリー(#1)児ポ法(#1)人狼(#1)アイマス(#2)北斗の拳(#7)K(#1)画像(#45)シェルノサージュ(#1)直球表題ロボットアニメ(#1)ドラえもん(#2)ボカロ(#4)うる星やつら(#1)キルミーベイベー(#6)ゆるキャラ(#1)レビュー・批判(#6)考察(#1)ライジング(#1)恋愛ラボ(#2)麻生(#1)おもしろ(#1)スカーフェイス(#1)イヴの時間(#1)仮面ライダー(#128)ポケモン(#61)銀の匙(#1)ヴァルヴレイヴ(#15)いっき(#1)エイミー(#1)ラブライブ(#9)竜騎士(#1)イベント(#3)メテオ(#1)テラフォーマーズ(#13)Auto(#1)キン肉マン2世(#1)フィギュア(#24)ミカサ(#1)たまごっち(#1)マジコン(#1)ひだまりスケッチ(#1)ハヤテのごとく(#1)釘宮理恵(#1)三国志(#2)悪の華(#6)ケモナー(#2)ボーカロイド(#2)セーラームーン(#1)批判(#1)トラウマ(#4)SAO(#2)ワンピース(#9)萌え絵(#1)うみねこのなく頃に(#3)夏目友人帳(#2)ソーシャルゲーム(#1)屍鬼(#1)たまこマーケット(#2)みなみけ(#4)プリズマ☆イリヤ(#1)十二国記(#2)ガンダム(#14)テイルズ(#2)ゲームその他(#6)アザゼルさん(#3)ファミコン(#1)声優(#35)ひぐらし(#1)ゲームレビュー(#1)快楽天(#1)GOSICK(#1)アイドルマスター(#5)ブレイブストーリー(#1)NARUTO(#3)ヴァルヴレイプ(#5)ファミ通(#2)おおかみかくし(#1)リョナ(#4)上坂すみれ(#1)田中理恵(#2)ひぐらしのなく頃に(#3)ジエイのお仕事(#1)遊戯王(#4)ようせい(#1)ロウきゅーぶ(#3)スマブラ(#1)デジモンアドベンチャー(#1)そらのおとしもの(#3)クロックタワー(#1)歌い手(#2)アンパンマン(#3)メダロット(#4)マリオカート(#1)Theft(#1)ゲームセンターCX(#1)キャラ(#3)ドラクエ(#6)ペルソナ(#3)ラノベ(#51)Fate(#4)レビュー(#1)史上最強の弟子ケンイチ(#1)延期(#1)龍騎(#2)Free(#1)未来日記(#2)逮捕(#1)ゴーストリコン(#1)ガルパン(#4)ネタ(#216)DarkerthanBlack(#4)ブラック(#1)クソゲー(#3)涼宮ハルヒの憂鬱(#1)ふたなり(#3)けいおん(#3)夢のクレヨン王国(#1)コスプレ(#3)映画化(#1)俺の妹がこんなに可愛いわけがない(#2)俺妹(#10)やはり俺の青春ラブコメは間違っている(#1)トータルイクリプス(#1)花山薫(#1)コナン(#12)アニくじ(#1)とある(#9)クリムゾン(#2)ファイナルファンタジー(#23)パチスロ(#1)ライトニングさん(#2)金色のガッシュベル(#3)はだしのゲン(#1)グランドセフトオート(#1)同人漫画(#1)パワポケ(#1)ゲーム脳(#1)GANTZ(#5)らき☆すた(#3)ニャル子さん(#2)攻殻機動隊(#1)ネプテューヌ(#2)ウィザード(#5)ガルガンティア(#26)グッズ(#2)ろくでなしブルース(#1)ガールズフレンド(仮)(#2)ハルヒ(#5)とある系(#8)デジモン(#8)海外でのアニゲ状況(#1)サイコパス(#2)進撃の巨人(#156)アニゲ総合(#8)アニメ(#597)学校の怪談(#1)変態王子と笑わない猫(#1)規制(#2)ブリーチ(#14)ベルセルク(#4)マヴラブ(#2)ゾイド(#1)悪魔城ドラキュラ(#2)プリキュア(#1)アトラス(#2)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセス解析

ネイティブアプリケーション

人気ランキング

他サイト様

アクセスランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。